働かない覚悟をもつことの大切さとは

働かない覚悟をもつことの大切さとは

最近、個人の方からよく相談をいただくのですが、
その中でもひときわ多いお話があります。

「やりたいことがたくさんあるんだけど、本業の仕事で手が回らないんだよね。」

お話をしていた本人は笑いながら、仰っていましたが、、、
私はなぜかひっかかるものがありました。

なぜかというと、
私自身も同じ状況になっていた時期があったからです。

個人で仕事をされていて、
時間に縛られる必要がないのであれば
快適に仕事をしたいものですよね。

誰でも手が回らなくなる可能性があります。

その方は技術系の個人事業を営んでいる方で
飛び抜けて収入が高い方でもありません。

技術系の仕事がなかなかに盛況で
顧客も増えているところです。
ただ、ゆとりがない状態であり、
やりたいことができていないのが現状です。

イベントやワークショップなどを
メイン事業に組み込みたいのですが
本業が忙しく厳しい状態でした。

ただ、その方にとっては嬉しい悲鳴。
断ったら収入が減ってしまうし、断る理由もありませんでした。

私にご依頼いただいたのは
イベント企画立案と必要ツールの開発でした。
本業で生活を保ちつつ、新しいことを始めるために
ご依頼をいただいたというわけです。

餅は餅屋

餅は餅屋。聞いたことありますよね。
「専門的なことは専門家にお任せしましょう」
という ことわざです。

フリーランスが忙しくなってしまう原因は
専門外の仕事を蓄積してしまうことが多いです。
専門ではない仕事を即座に分別してしまいましょう。

例えば、自身のWEBデザインの仕事であれば

・企画構成案→自身
・プロジェクト管理→自身
・ロゴデザイン→外注(打合)
・バナーデザイン→外注(打合)
・WEBデザイン→自身/外注(打合)
・イラストベース→外注(打合)
・ワードプレス→自身/外注(打合)
・グラフィック系→外注(打合)

このような感じです。
基本的に企画構成を行い、管理を行っています。
私の仕事はデザインでもコーディングでもなく
打ち合わせです。

私の得意分野は管理や企画なので
それ以外を別の企業や事業主さんと
案件をシェアしています。

もちろん、手数料としていくらか頂くので
自身は手を動かさずに収入を取ることも可能です。

勤勉な日本人ならではの悩み

人に任せてお金を得たり、
自分が動かずに収入を得るのは
違うと思われる方もたくさんいると思います。

ただ、クライアントさまにも
かなりのメリットがあります。

餅は餅屋。専門家の方が作った方が
おいしいですよね。

制作物に関してはクォリティが優先です。
お金を出して普通のものより
良いものを使っていただくために、
自分の手を動かさない選択が大切です。

ぜひ、働かない覚悟をもってください

自分の時間が作れて
クライアント様も喜んでもらえる
メリットの塊のようなお話ですが
任せることの怖さや難しさがあるのも事実です。

しかし、せっかくのフリーランスなので
時間にゆとりを持って、やりたいことを中心に
取り組んでいければ、より楽しいことでしょう。

全く働かなくても収入を取ることはできます。
ただ、工程管理はやっておいた方が
制作物のクォリティが安定します。

充実したフリーランス生活になりますように。

The following two tabs change content below.
Yuu

Yuu

マルチデザイナーLapluss
北海道札幌市在住 元フリーランスデザイナー。現在は不動産会社にて営業職に従事しながら、デザイン関連事業を展開。 無料誌の編集長や委託Web制作や社外プロジェクトマネージャー、業務委託個人営業を経験。文鳥愛好家。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)