フリーランスを始めたい!そんな時には!

フリーランスを始めたい!そんな時には!

みなさんはフリーランスと聞いて
何を想像するでしょうか。

「デザイナー」「デベロッパー」
「マーケター」「ライター」など
やはりクリエイティブ職のイメージ強い。

また、印象では
「難しい」「稼げない」「信用がない」
「孤独」「仕事がない」など

日本ではマイナスのイメージが根強く残っていると感じます。

やはり、このようなマイナスイメージがある状態で
尻込みしている、フリーランス希望の方も多いと思います。
私自身も業界に飛び込んでみたものの、「仕事の取り方」がわからなかったのです。

今日はフリーランスになりたい方に
プラスになるお話をします。

1. 売り出すものがなければ買い手はもちろん現れない。

あなたの売り物はなにか、
これを明確にすることから、フリーランスは始まります。

例えば、フリーランスデザイナーと一口に言っても
いろいろな売り物があります。
WEB,グラフィック,広告,インテリア,建築,
ファッション,コミュニケーション,空間

多種多様なデザイナーの形がありますが、
その中の一体何者なのか、自分の売り物はなんなのか、
それが大切です。

私の場合、
デザイン:WEB , グラフィック , DTP
プラン:ビジネスモデル,企画立案,アイディア

ができますと公言しているので、
この仕事しか基本的にはくることはありません。

2 . 発言・公言していく

自分のできることがわかったら、
どんどんいろんな人に伝えてみましょう!

中には「恥ずかしい」「仕事が来てもできるか不安」
など、この段階で不安を口にする方もいらっしゃるくらい、
とにかく不安な時期です。耐えてください・・・。

独立する時期にもよりますが、
独立したらまず、学生時代、社会人時の方々に
ご挨拶としてご連絡をします。

この発信で、フリーランスになったことを
お伝えします。なんのためかというと
このタイミングで仕事をもらうためではありません。

何かあった時に助けてもらえるように、
「ひとり身になったから、何かあったら声かけます」の意です。
もちろん口に出さなくてもいいですが、

これをやっておくことで孤独から解放されますよ!
ここをしっかりやっておくことで紹介でお仕事をいただけたり、
直接的な依頼が入ってくるようになります。

3 . 実績を作るまではこだわりを捨てる覚悟をもつ

フリーになると、劇的に変わることがあります。
それは、待っていれば仕事が来る環境じゃ無くなるということです。
会社の看板がなくなります。

なので実績を出すための下準備をしましょう。
その名も「営業」です。皆さんご存知だと思います。
会社は営業をして現場に仕事を落とします。

もちろん、高額の仕事や、こだわれるデザインや
プロジェクトリーダー的な仕事なんてすぐには来ません。

最初のうちはなりふり構わず仕事を取り、
低価格で受注し、実績を積み上げてみることをおすすめします。

この考えが全てとは言いませんが、駆け出しのフリーランスに
仕事を任せてくれる人も非常に珍しいので、感謝しつつ、ですね。
クラウドソーシングサービスなどを活用するもの有りです。

もちろん、実績を出し、有名になれば、
仕事の依頼がくることもありますから、最初のうちです。

私は今でもお仕事を取りに営業に出かけることもありますし、
クラウドソーシングでお仕事をすることもあります。

変則的に、オフィスに詰めてマネジメントする機会も頂くなど
ある程度我慢をして実績や人脈を積み上げていければ、
大きい仕事ややりがいのある仕事にたどり着けると思います。

まとめ

ここまで、フリーランスを始めたい!そんな時に必要な3つの行動
についてご紹介してきましたが、

やはり、不安は付き物です。
自分の腕で稼いでいくことへの不安や
未知の環境に飛び込む不安でしょうか・・・。

それを乗り越えた時、見える世界と
身につくスキルは会社員時代の10年分以上の
価値があると感じています。

不安でも踏み出した人にしか、
この楽しさはわかっていただけないかと思うので
是非ともチャレンジしてみてください。

 

The following two tabs change content below.
Yuu

Yuu

マルチデザイナーLapluss
北海道札幌市在住 元フリーランスデザイナー。現在は不動産会社にて営業職に従事しながら、デザイン関連事業を展開。 無料誌の編集長や委託Web制作や社外プロジェクトマネージャー、業務委託個人営業を経験。文鳥愛好家。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)