心身を健康に保つ「し・じ・み」の考え方

心身を健康に保つ「し・じ・み」の考え方

皆さんは、日々、
心と体に休息をとれておりますでしょうか。

時間に追われる営業職の方、
締め切りに間に合わせなきゃいけない制作の方
いつもミーティングや残業の管理職の方。

現代の社会人の皆さん、基本的に、
気の休まる瞬間は、帰宅してからでしょうか。

毎日頑張る皆さんに、お伝えしたい考え方があります。
それは「し・じ・み」という考え方です。

これからお伝えする「し・じ・み」の考え方を
心がければ仕事中でも、心と体に余裕を与えることができます。

この考え方を頭の隅っこにでも押さえておいていただき、
毎日のお仕事の支えになってくれればと思います。

し:しょうがないか。

何かトラブルが起こった時や
時間がおしている時、など
いろんなシーンで使えるこのワード。

しょうがなくない状況でも、
一言。「しょうがないか。」とつぶやいてみてください。

もちろん、しょうがなくないので、対策を打たなければいけませんが、
「しょうがないか。さて、どうしようか。」と
次の一手につながる言葉になります。

起きた事柄を一度自分の中に落とし込んで、
次の行動に移す時に使うと、
気持ちが楽になります。

じ:じかんをかけよう。

焦っている自分や、難しい課題に直面している時
たとえ時間を取っていられなくても、つぶやいてみてください。

時間をかけるように自分に暗示をかけることで
落ち着きや冷静さを取り戻すことができます。

あとは気持ち、いつもより時間をかけようと
努力してみてください。
必ず快方に向かいます。

み:みんなも休んでいる。

休憩の時間も仕事をしている時、
おやすみの日にお仕事を片付けている時、
残業をしている時に、つぶやいてみてください。

やらなきゃいけない時ももちろんありますが、
明日も明後日もお仕事はあるんです。

あなたを頼りにしている人に
苦しそうな顔を見せてはいけませんよ!

そんなときは、みんなもやすんでいる。
そう思って、早めにおやすみしてください。

まとめ

自分を落ち着かせたり、
余裕をもたせたりするワード
「し・じ・み」。

無我夢中で仕事をするものいいけれど、
たまにはホッと一息ついてみて、
自分に甘口でいきましょう。

※休肝日には「し・じ・み 汁」がいいみたいですよ
なんて。

 

The following two tabs change content below.
Yuu Hatsuki

Yuu Hatsuki

フリーランスマルチデザイナーLapluss
Yuu Hatsuki / 葉月ユウ 北海道出身 無料誌の編集長や委託Web制作や社外プロジェクトマネージャー、業務委託個人営業を経験。文鳥愛好家。 デザイン:WEB , グラフィック , DTP | プラン:ビジネスモデル , 企画立案 , アイディア , 考え方 | コンサル:個人事業スタートアップ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Translate »