やめたい時がやめどきという転職の考え方

やめたい時がやめどきという転職の考え方

突然ですが皆さんは転職についてどのように考えていますか。
世間では20代、新卒3年以内の転職は否定的な意見があると思います。

もちろん、私の親もフリーでのお仕事は否定的でしたし、
公務員、会社員、上場企業といい会社推しでお話をされました。
20代から見て、自身の親世代はバリバリ1つの会社で上を目指していく。

そんなイメージがありますよね、
それがいいか悪いかは別として、「やめたい時がやめどき」の考え方を
綴ってみます。ちょこちょこ質問する形式になります。
自分自身に問うてみてください。

1. 一生今の会社で働き続けるの?

どうでしょうか。今の環境で大満足ですか?
1年目、2年目、3年目…10年、20年 関係ありません。
少しでも違和感を覚えているなら転職は考えられます。

やめたくてもやめられない人も多いので
やめたくなったら退職を経験するのもいいかと思います。

フリーランスでなくても一般的な転職でも
早いに越したことはないですし、失敗しても
後戻りがききます。

自分自身の可能性を1つの会社で終わらせて大丈夫ですか?

2. 会社からの収入だけで大丈夫?

この質問の意味がわからないという方も多いと思います。
大体の方は会社からの収入で生計を立て、
暮らしていますよね。

では、その会社が潰れてしまったら、どうでしょうか。
「大企業に入れば安泰」は、とっくに終わってしまいました。

少し前の東芝、最近のスバル、日産は大企業ですが
連日ニュースを騒がせています。
このまま風評被害やさらなるトラブルが起きれば無事ではいられません。

政府が副業を推進しているように、
複数の収入源を持つことが一般化している中で
会社で受け取れるスキルと収入だけで大丈夫ですか?

3. 働いた先に見るものは何ですか?

イヤイヤ、やめたいやめたい、言いながら働いて
得るものはなんでしょうか。

何のために働いているのでしょうか。

自分自身が生きるため
家族のため
親のため
目標がある
旅行に行きたい
こんなことをしたい

働いた先に最低限得るものはお金です。
ただ、自分に合った職場や環境だと
人間関係とスキル、経験値、やりがいが付いてきます。

自分が働いた先に、したいことや
やりたいことがあるのであれば、

苦しんでイヤイヤ稼いだお金を使うより、
やりがいがあっていろいろ学べる環境で
得たお金の方が得した気持ちになりませんか?

お金に色はついていませんが、
最後に色をつけるのは自分自身です。

さいごに、

理解していただいているかと思いますが、
決してフリーランスになってほしいわけではありません。

自分自身で選択し、悔いの残らない人生を送ること、
転職を繰り返して天職に辿り着く人もたくさんいらっしゃいます。
1つの会社に属して、役職者になる方もいます。

自力で稼ぐことで、収入がなくなってしまう
リスクを下げ、会社がなくても生き抜けるくらい
スキルを身につけるべきではないかと考えています。

The following two tabs change content below.
Yuu

Yuu

マルチデザイナーLapluss
北海道札幌市在住 元フリーランスデザイナー。現在は不動産会社にて営業職に従事しながら、デザイン関連事業を展開。 無料誌の編集長や委託Web制作や社外プロジェクトマネージャー、業務委託個人営業を経験。文鳥愛好家。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)