色々変えてみて、やめてみてわかったこと

LIFE

 

1年近く更新を止めて、ブログを書きに戻ってきましたが、
一般的に言うと「継続」することが正しいという風潮です。
継続することが可能であれば、それは一番いいのかもしれません。

しかし、ブログに対するモチベーションの低下や
ブログに於けるネタの枯渇など、様々な問題で
書きたくても書けなくなり、やめて行かれる方も多いのが現状かと思います。

今回はやめて行かれた方にもう一度戻ってこられるきっかけになるような
記事をおひとつ。

1.1年もやめれば環境だって変わる

フリーランスでお仕事をしていましたが、
良いお話をいただき、営業マンに転身しました。

良い環境も悪い環境もたくさん観れるという面では
どこかに所属するのも悪い気はしませんが、
元フリーランスになりました。(特段肩書きにはこだわりないですが)

一人でやるときよりも頭を使うことが少なくなった気が、
そしてあまり疲れなくなりました。

逆に制作意欲が湧いてきます。

2.いろんなリミッターが飛ぶ

フリーでやっていた時のしごとの仕方だけじゃなくて
組織に帰属する働き方もわかり、

良い意味で企業組織の中でぶっ飛んだやり方も提唱できるようになった。

会社員の方々の気持ちがわかれば、
フリーランスもよりうまくいきそうという実感が湧いてます。

フリーランスが企業内に入ることでの刺激にもつながると思いますしね。
(この刺激を嫌がる会社員も多いのですが)

3.フリーランスに対する意欲が更に増す

人って無い物ねだりだな、と思う瞬間です。

組織の外にいれば中が羨ましくなり、
組織の中にいれば出たくなり、外が羨ましい。

結果、環境が変わることに関して良いことしかないのかな、
っという印象。 転職っていいものですね。

本当の意味で、半分フリーランスでも
正直しごとになるんじゃないかと思うレベル。

まとめ

とりあえず、いろいろなことを一旦止めて
立ち止まってみた結果、

ブログの執筆意欲だったり、
新たに独自の事業をやってみようと思ったり、

以外といい効果があったように感じます。

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました